こんにちはー!
i-mobileのあやちゃんです♪

ここ最近、一気に寒くなり服装に困りますね。
皆さん体調などは崩されておりませんでしょうか?

さてさてっ、
今月弊社では「漫画コンテンツ爆会議!!」と題して、
株式会社BookLive横田様株式会社役漫増田様コミックスマート株式会社福西様を招いて、
イベントセミナーを開催させていただきました!!

役漫 漫画セミナー写真_535
会場は弊社6階のセミナールームで行いました。

満員御礼!!
多くのメディア様方にお越しいただきました!
役漫 漫画セミナー写真_8984

プログラム内容は下記となります。
----------------------------------------------
17:05-17:30       「コミカド(comicad)について」
17:30-18:00       「BookLiveにおけるアプリケーション戦略について」
18:00-18:15       「フルスクリーンAD」リリースから3ヵ月で分かってきた良マネタイズ方法
18:15-18:30       「マンガAPPでの動画リワード活用法」
18:35-19:00       パネルディスカッション
19:00-19:30       ネットワーキングタイム
----------------------------------------------

各メディアのご紹介やマネタイズ方法を中心に戦略や今後の課題まで、
様々なお話を聞くことができました。



■「コミカド(comicad)について」
役漫 漫画セミナー写真_9994役漫 漫画セミナー写真_4337
一番最初にお話いただきましたのは、
株式会社役漫 代表取締役 増田桂己 様 です。

「コミカド(comicad)」とは、
役漫様弊社の協業サービスであり、
・コンテンツ安定供給
・ユーザのリテンション

といった、メディア運営者が抱える課題を、
国内最大級のマンガコンテンツネットワークの開発&提供で解決する
サービスです!

※コミカドのリリースについてはこちら↓
http://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000002.000012258.html

役漫1役漫2

メディアを運営していく中で、
インプレッションを増加させることや、ユーザーのリテンション・回遊率の向上、
新たな広告収益を作っていくことは大きな課題ですよね。

そこで、コミカドを一つコンテンツを増やすような感覚で導入することで、
・インプレッションの増加
・ユーザーの滞在時間の増加
・新たなユーザーの確保
・新収益の確保

が期待できるんですっ!

導入方法も簡単!!
役漫3役漫4
サイト内にバナー(リンク)を 設置していただくだけっ!!
※クリエイティブも自由です。

こんなに簡単なら気軽に試してみたいですよね♪



「BookLiveにおけるアプリケーション戦略について」
役漫 漫画セミナー写真_6552役漫 漫画セミナー写真_9618
次にお話いただきましたのは、
株式会社BookLive 事業開発部 部長 横田容啓 様 です。

ユーモアたっぷりの非常におもしろい資料をご用意していただき、
会場にいた皆さん釘付けになっておりました(笑)

ブックライブブックライブ2

BookLive様といえば、『Liveコミック』『マンガきゅんと』『マンガDASH』
などのアプリが有名ですよね!
アプリ

BookLive様はこの3つのアプリを使用して、
BookLiveストアを含むアプリ間の相互送客を行い、
新規ユーザーの獲得に成功しました!

アプリでユーザーにポイントを付与し、ユーザーのモチベーションを上げることで
リテンションの向上を図るなど様座なの施策をご紹介いただきました。


ブックライブ1ブックライブ2


また、この施策により、
アプリ単体でのマネタイズではなく、
ユーザーの相互送客によるシナジーを生み出し、
関連アプリ全体での売上向上を実現されました。
ブックライブ3

BookLive様のアプリにご導入いただいている、
弊社動画サービス『maio』もご紹介いただきました!

DAUも広告収益も向上させたこのお話、
信じるか信じないかはあなた次第です! 



「フルスクリーンAD」リリースから3ヵ月で分かってきた良マネタイズ方法
hirose廣瀬
プレゼンターは、
株式会社アイモバイル ADNW事業部 第二メディアグループ リーダー 廣瀬裕利 です。

フルスクリーンADには、
①インタースティシャル型②インライン型
の2種類ご用意しております。
インステインライン

リリースから3カ月たち、フルスクリーンADの収益性が分かってきました!
フルスク

フルスクリーンADは他の広告サイズに比べて、
広告効果が高いため、CPCが高い傾向にあります!!

もう一度言います。
CPCが高いです!!(※大事なので2回言いました)

また、同じポップアップ型の広告である、
インタースティシャル広告と収益性を比較してみました。
furu

ご覧になっていただくと一目瞭然!!!!!
圧倒的なCPCの高さでフルスクリーンADのCPMはインステの約2倍!!
すごいですね・・・。

<フルスクリーンADについてまとめ>
①フルスクリーンADは広告効果(CVR)が高いため「CPC」が高くなりやすい!
②おすすめ掲載タイミングは、【何かしらの終了タイミング!】収益性もユーザビリティも向上できる!
③新規だけでなく、既存APPに導入するだけでも収益性UPにつながる!

これは試さない手はないですねっ♪♪



「マンガAPPでの動画リワード活用法」
hayasehayase2
続いてのプレゼンターは、
株式会社アイモバイル maio事業部  メディアグループマネージャー 早瀬優希です。


2015年9月14日にリリースしたmaio1年が経ちました!!

2,800のアプリ事業社様にご導入いただいており、
売上APP数広告主数ともに右肩上がりの成長を遂げております!!
maio2maio3

今では、動画リワードがAPP内で売上40%以上占めるようになってきております。
売上も非常な大きな額になってきております!
maio4maio5

例えば、漫画アプリ様にはこのような形で入れてもらってます!
maio20maio25

動画を視聴することで有料コンテンツを一時的に解放させたり、
漫画を読むためにフリックしている中で何回かに一回表示させたりすることで、
非常に大きいご収益が期待できます!

maioはインセンティブ動画になりますので、
『新しいコンテンツを導入する+広告収益を得る』という感覚で
是非お試しいただければと思います!

引き続き、maioをどうぞよろしくお願い致します♡



パネルディスカッション
役漫 漫画セミナー写真_3884
株式会社BookLive横田様株式会社役漫増田様コミックスマート株式会社福西様のお三方に
それぞれにテーマについていろいろなお考えをお聞かせいただきました。

数ある漫画アプリの中で多くのユーザーに選ばれる理由やそのための工夫、
今後の展望など、普段はなかなか聞けないお話を聞くことができました♪

①マンガコンテンツやアプリを作る際の成功例/失敗例は?
まず、一番気になるのが漫画コンテンツやアプリを作る際に意識していること。
それは『ユーザーのリアルな声に耳を傾けて、その声をアプリに反映させること』
だそうです。これが一番の成功への近道なのだそう。

マンガ購読数を増やすためにやっている施策とは?
購読数を増やすための工夫のひとつとして、
BookLive横田は、ポイントを使えるようなコンテンツを作り、「何かをすることによってもっと読める」
という意識をユーザーに与えているそうです。
たしかに、これによってユーザーの目的意識が上がり、
アプリを使うモチベーションが上がりますよね!

また、
コミックスマート福西様は今後作家同士をコラボさせた作品を増やしていくことも視野にいれてるそう!!
これによって『プレミアム感』が出るのでユーザーとしては嬉しい限りですね♪

マンガコンテンツを海外展開する際に、どの国へ展開?
アプリのマネタイズが盛んな中国や、日本アニメのファンが多いと言われているフランス
興味深いというご意見がございました。

マンガコンテンツの今後や未来の形とは?
今後は、既存の電子書籍サイトやアプリにおいて
どうスケールしていくか
について、これまで以上にしっかりと考えていきたいそうです。
その中のひとつとして、もっと漫画家の価値を高めていく施策を考えていきたいとおっしゃっておりました!



以上となります!
漫画アプリを成功されている方々の生の声は非常に勉強になり、
ご参加いただいた皆様も熱心にメモを取るなどして聞いておりました!
横田様増田様福西様、貴重なお話、本当にありがとうございました!!



ネットワーキングタイム
最後は、ご来場いただいた皆様で楽しく歓談♪
役漫 漫画セミナー写真_5712役漫 漫画セミナー写真_4312

お名刺交換や情報交換など、この機会にメディア様同士でお話できたのではないでしょうか(*^-^*)♪

お忙しい中お集まりいただいた皆様、本当にありがとうございました!!
また、是非お越しいただけますと幸いでございます♪

では、またっ♪あやちゃんでした♡